コスプレイベントに初参加する時に注意すべき10のポイント


初めてコスプレイベントに参加する、という時は誰でも緊張するものです。筆者が初めてコスイベに参加した時は勝手が分からず、かなりもたついてしまった経験があります。

コスプレイベントは初めてだけど、マナー違反やルール違反をしないように気を付けたい!そんな方に向けて今回は、初めてコスプレイベントに参加する時の注意点についてまとめました。

コスプレイベントに初参加する前日までにやっておきたいこと

初めてコスプレイベントに初参加する、という日の前日はなんだか落ち着きませんよね。

何度持ち物をチェックしても忘れ物をしている気がしたり、当日どんな流れでイベントが始まるのか色々考えてみたり、上の空になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

案ずるより産むが易しではありますが、少しでも不安なくイベント当日を迎えられるよう、イベント前日までにやっておくべきことをチェックしてみましょう。

①イベント受付がどこかを確認しておく

コスプレイベントは、いかにもイベント中です!とお祭りのように開催されている訳ではありません。受付の場所が分かりにくいイベントの方が多いほどです。

受付までの誘導に人が立っていることもありません。建物の入り口に誘導看板が立っていればいい方です。「本当にコスイベをするのか?」というほど人がいないことも……。

ほとんどの場合は何のガイドもなく受付まで辿り着かなければならないので「まあ何とかなるだろ」ではなく事前に受付場所をイベントページなどで確認しておくと安心です。

②撮影禁止エリア・立ち入り禁止エリアをチェック!

例えば公園でイベントが開催されるとして、公園の一部のエリアはコスプレイヤー立入禁止・撮影禁止の場合があります。事前に撮影や立入が禁止されている場所がないか確認しましょう。

何年か前に、立入禁止の花壇にコスプレイヤーが踏み入り、花を踏み潰して散らして撮影をしたせいでその部分だけ花がなくなってしまい、会場側から苦情が出てしまったことがあります。

イベント詳細ページに禁止エリアについて書かれていることが多いので事前にチェックしておきましょう。当日、受付で配られるマップにも記載されていますが、当日はバタつくので事前確認がおすすめです。

③衣装や小道具が規約・制限に引っ掛かっていないか確認

会場によっては、コスプレイヤーからすれば大したことのないように思える格好でも禁止の場合があります。軍服や露出衣装、銃・剣など凶器に見える小道具が持ち込み禁止の場合がありますので確認しておきましょう。

公園や公共施設など、コスプレイヤー以外の利用者がいる会場で普段ならありえない露出をしていたり、銃を持った人や軍服の人間がふらふらしていては周りの方が落ち着けませんよね。

「私は見られても平気だから」「撮影時以外は隠しておくから」と自分勝手な基準で判断せず、しっかりとルールを守ってコスプレをして下さいね。

④撮影したいポイントに目星をつけておく

受付を済ませて、着替えもメイクも終わっていざ会場へ!となった時に、どこに行けばいいか分からずモタついてしまうのはよくあることです。

限られた時間の中でガッツリコスプレを楽しむためにも、ある程度その会場にどんな撮影ポイントがあるのか、どんな順路でそのポイントを周るのかを大体決めておくと当日スムーズに過ごせます。

もちろん全て予定通りに行くことはほぼありえないので、ゆるく決めておいて当日は臨機応変に計画を変更するのがおすすめです。

⑤ポージングや構図を考えておく

そのキャラクターのことなら知り尽くしているはずなのに、カメラを向けられると突然「そのキャラクターらしさ」が分からなくなり棒立ちになってしまうのはコスプレイヤーあるあるだと思います。

前日までに再現したいシーンのコマやゲーム画面を写真に撮っておいたり、撮りたい構図に似た写真をスマホに入れておくなどポーズ資料をある程度用意しておくとポージングに困らずに済みます。

皆さんはポージングなんてノリでいけるだろと思って毎度毎度仁王立ちするようなクソッカスレイヤーにならないで下さい。私のことです。

要注意!イベント当日に気を付けたいポイント

さて、前日にしっかりコスイベに備えたとしても当日にも気を配っていなければならないことがあります。

そんなにガチガチに緊張したり、常に気を張っている必要はありませんが、コスプレが楽しいあまり周りが見えなくなる……ということのないよう、当日に気を付けたいことを心に留めておいて下さい。

⑥更衣室とメイクスペースが分かれているか聞いておく

会場によっては、着替えを行うスペースとメイクを行うスペースを分けている場所もあるため、受付から誘導される際に更衣室とメイクスペースが別かどうかを確認しておきましょう。

着替え終わった際、更衣室とメイクスペースが分かれているにも関わらず「まだ友達が着替えているから……」と更衣室に居座ると混雑の原因になります。準備はそもそも友人とは別々にするもの、と考えておきましょう。

また、移動が面倒だからと更衣室で化粧道具を広げると自分の周りのレイヤーさんの衣装を汚してしまう可能性もあります。

⑦着替え・メイクの時は荷物を必要以上に広げないように注意

着替えやメイクの時は、鞄のどこに自分の欲しいものがあるのか分からず中身を全て出してしまいたくなりますよね。しかし、荷物を広げては周りの迷惑になります。

更衣室やメイクスペースで鞄を開ける時は、出来るだけ荷物は小さくまとめて自分のすぐそばに置いておきましょう。

衣装全てをまとめて鞄から出すのではなく、スカートを履く時にスカートを出し、ジャケットを着る時にジャケットを出し……と順番に取り出しましょう。

⑧撮影前には衣装に着崩れがないか確認

しっかりと着崩れ防止の工夫をして衣装を準備したのであっても、撮影直前には周りの方に着崩れしていないかチェックして貰いましょう。

衣装を作った時や買った衣装を試着した時は平気でも、実際に着用して歩いたりしゃがんだりすると着崩れてしまうものもあります。

いい写真が撮れたのによく見たらシャツの裾が出てしまっている!リボンが曲がっている!となってはもったいないので、撮影直前は必ず確認するのがおすすめです。

⑨撮影中は他の利用者・参加者の通行の妨げになっていないか随時確認

コスプレイヤーが壁際に立ち、通路を挟んでカメラマンさんが写真を撮る……ということはよくあることです。

そんな時、カメラを構えている人がいると周りは遠慮してその通路を通れなくなってしまうものです。撮影中は自分やカメラマンさんが通行の邪魔になっていないか時々チェックしましょう。

自分自身が邪魔になっていないかはもちろん、カメラマンさんはレンズを覗いている分周りが見えにくいためカメラマンさんの方も確認するとよいです。

⑩撮影場所を独占しないよう周りに気を配っておく

いい撮影スポットを取れたり、いい写真が撮れたりすると夢中になってもっとこの場所で撮りたい!と盛り上がりますよね。

しかし、もしその場にしばらく滞在していて、周りにこちらの様子を見ているコスプレイヤーさんがいた場合は「場所使いますか?」と声をかけてみた方がよいです。

滞在時間の平均は正直なところ分からないのですが、公園などの広い会場なら20分、室内の狭い会場なら15分程度で周りの様子を見始めるとよいと思います。(人によってはそれでも遅いと思うかもしれません)

イベント中に分からないことがあったら?

ちなみに、イベント中に分からないことがあったり、トラブル(備品の破損なども含む)があった場合はイベント主催者の方に連絡をとるようにして下さい。

受付時に配られた案内ペーパーに連絡先があればそこに電話をすればよいです。もしない場合は、面倒ですが受付まで戻って確認しましょう。

広い会場で受付に戻るのは大変なので、不明点があれば事前に確認しておくとよいです。例えば、

  • 撮影可能範囲があやふやな場合
  • 立入禁止エリアがどこまでか分かりにくい場合
  • トイレはどこを使用すればよいか

など、自分の中でハッキリ分かっていないことがある場合は撮影場に行く前に確認した方が後が楽です。

まとめ

  • コスイベ初参加の前日は、イベントのルールや撮影の予定などを立てておく
  • イベント当日は周りの迷惑になっていないかを時々確認する
  • 不明点があった場合はイベント主催に確認する

以上、コスプレイベント初参加の際に気を付けたいことについてまとめてみました。

こうして見てみるとなんだか気を付けなければならないことが多く、今からウンザリしてしまうかもしれません。

ですがこれらのことは自分が快適にコスプレを楽しむためにも必要なことなので、初めは完璧にはこなせなくても少しずつ慣れていって頂ければと思います。