コスプレカメラマンさんに撮影依頼した時のスタジオ代は誰が負担?

普段はあまりカメラマンさんに撮影をお願いすることはないのですが、たまに友人のツテで併せ写真の撮影をカメラマンさんに依頼する時があります。

今でこそ慣れたものですが、初めてカメラマンさんに撮影依頼をする時はカメラマンさん分のスタジオ代・イベント代をどうするべきかとても迷ったものです。

今回は「コスプレイヤーがカメラマンさんに撮影依頼をする時は、カメラマンさん分のスタジオ代・イベント代は誰が負担するのか」について、自分の考えをまとめてみました。

カメラマンさんに撮影依頼をする時、カメラマンさん分のスタジオ代は誰が払う?

こちらは撮影を依頼している立場なので、私は依頼をしているコスプレイヤー側が支払うと申し出るのがよいと思います。

コスプレイヤーもコスプレカメラマンさんもどちらも趣味でやっていることですから、私はどちらか一方が下手に出る必要はないという考えを持っています。

しかし今回はコスプレイヤーがカメラマンさんに「依頼」をしているので、レイヤー側が一歩下がってお願いをするのが順当ではないでしょうか。

もちろん必要以上にへりくだる必要はありませんが「スタジオ代(イベント代)は必要ありませんので撮影をお願い出来ませんか」と申し出た方が誠意と撮影に対する熱意がよく伝わると思います。

私の周りの数少ない貴重なコスプレイヤーのおともだちも同じ意見の方が多いので、どちらかというとこちらの考え方の方が多数派なのかもしれません。(類は友を呼ぶで意見が偏っている可能性もあります)

となるとカメラマンさんに自己負担をお願いするのは少数派ということになりますが、これらはマナー違反になってしまうのでしょうか?

初めからカメラマンさんにスタジオ代の自己負担をお願いするのはマナー違反?

賛否両論分かれそうな意見ですが、個人的には特にマナー違反にはならないと思います。

先ほども申し上げた通りあくまでお互い趣味なので、一方が一方に依頼をしたのだとしても「コスプレしたい人」「コスプレを撮りたい人」が上手くマッチングしているのであればお互い自己負担でも何の問題もないと思います。

仕事であれば大問題ですが趣味の撮影なので、自己負担をお願いしても決してカメラマンさんやカメラマンさんの撮影技術をバカにしたことにはならないと私は考えます。

また、自己負担をお願いすることで「撮影にお金を払えるほどこの作品を好きな人に撮影をお願いしたい」というある種のフィルタリングをすることも出来るためこれはこれで有効な手段です。

「こちらでの負担を申し出た方がいいのに自己負担をお願いしてもいいなんて矛盾してる」とお思いの方も多いかと思いますが、実はこれには以前お会いしたカメラマンさんの言葉が影響しています。

筆者が出会ったとあるカメラマンさんの意見

こちらがスタジオ代をお支払いすると申し出た時に「自分にとってもこの撮影はよい経験になるし、何より撮影がしたくて来ている。そして、コスプレイヤーさんと同等の立場として撮影に挑みたいので、参加費は自分で払う」と仰ったカメラマンさんがいました。

こちらが負担するからと言って決して上に立っているつもりはなかったのですが、この言葉を聞いてからは「確かに自分の分の参加費などを払ってもらってしまうと、恐縮して思うように撮影に挑めないかもしれない」と思うようになりました。

謝礼金を支払っている訳でもないのに、コスプレイヤーに雇われたような気持ちになってカメラマンさんが気疲れしてしまうのは望んでいない、という方がほとんどではないでしょうか。

ですので私は撮影依頼をする時は、初めにこちらで負担するという旨はお伝えしますが、もしその後カメラマンさんに自己負担すると言って頂いた際はお言葉に甘えて同額お支払い頂くようになりました。

もしかするとこういう形式を取っているのは私の周りだけかもしれませんのでこれがコスプレ界の常識、という訳ではないのですが、こういう場合もあると頭の隅に置いておいて頂ければと思います。

まとめ

  • 筆者は依頼する側が負担を申し出るべきと考えている
  • とはいえ仕事ではないので、カメラマンさんに自己負担をお願いするのも可
  • カメラマンさんによっては自己負担で対等に撮影に挑みたいという場合も

以上、撮影依頼をする時のカメラマンさんのスタジオ代・イベント代は誰が負担するのかについて、私の考えをまとめてみました。

必ずしもこうしなければならない、というルールはありませんので、今回の記事を参考に自分がどうするかを考えてみて頂ければと思います。